月別アーカイブ: 2013年6月

Mu Cang Chaiにある無限の段々畑

Yen Baiに行くと、ここの唯一の特別になるごとに梯子段を等しく建てられている様々な色を持つ段々畑を眺めるMu Cang Chaiを訪問してください。最高のものは、この田を上に眺めることができ、自然がこの土地に授けられたことを真の美しさを感じるだろう。

MÙ CĂNG CHẢI 4

Mu Cang Chaiに一度の来ても、観光客は自然の豊かさ、文化の特徴、人々の暖かさを感じることができる。

MÙ CĂNG CHẢI 5

Mu Cang Chaiに行く道が遠いと困難であるが非常に面白い、風景が継続に変化する。

観光客は多くのホア・バンで広いMuong Lo田にあるThai高床を眺めているがすぐにスチープ丘の中腹にくねくねした道を見る。

MÙ CĂNG CHẢI 6

MÙ CĂNG CHẢI

高くなると、ここの雄大な山々、気候の新鮮、人々の創意工夫を面白く感じる。Mu Cang Chai段々畑は。「金海」のどちらの味と香りがMu Cang Chai山全体に広がる香っているときである稲のとき、より美しく、より魅力になる。段々畑は空に登っている巨大な梯子段のように、ただ黄色黒苺に似ている。

砕き舞い御飯

砕き舞い御飯はSai Gon人の朝飯の中でカジュアルが不可欠な料理である。誰かがここに来て砕き舞い御飯を食べたことがないはSai Gonに行ったことがないと考えられている。ご飯は細かく米から作られ、おおしい砕き舞い御飯は乾燥飯、米粒が一緒に付着しない。

cơm tấm

あばら砕き舞い御飯については、豚あばらは正しい調味料を着けられ、焼けるとき香ばしいを出す。食べるとき、柔らかいが少し硬く感じる。焼あばらの他に、オムレツ、皮、あげはるまきなどと一緒に食べられる。砕き舞い御飯を食べる時、簡単が洗練な甘酸っぱい魚醤は不可欠である。魚醤は簡単に米の各粒と肉塊に吸収されるように一定の割合で砂糖と冷水から作られる。ニンジン、大根などの少し酸味を加え、料理が雄雄しくいっぱいと美味しくなる。

cơm tấm 2

砕き舞い御飯の雄雄しさ、栄養価の高いプレートはHo Chi Minh 市に人気があり、ベトナムの他の8料理とともに砕き舞いはアジアのレコード組織が「地域の飲食価値をもつ料理」という名称を認められた。

なまはるまき

GỎI CUỐN

Sai Gonのほとんどの町角と市場角にもなまはるまきを売っている。なまはるまきは、簡単な料理であっても、外国人観光客をはじめ、多くの人々を溺れさせる。なまはるまきは下等のおおしい料理になり、多くの作り方があり、庶民だけでなく上級も好まれる。

GỎI CUỐN 4

なまはるまきは様々な食料があるが、不可欠な2つのものは米紙と野菜である。米紙は小さい乾燥米紙であり、野菜はパセリ、レタス、カラシナ、林縁と田端に植わる野菜など多くの種がある。また、長く薄く切るかっぱ、幹に切るにら、甘酢を浸る人参と大根、縦に切る球茎もある。

GỎI CUỐN 3

短くにきる白いそうめんと一緒にいつも食べる。もちろん、ドレッシングは不可欠である。なまはるまきのドレッシングの作り方もとても様々である。醤油を使う人もいり、大蒜と唐辛子を混ぜる魚醤を使う人もいる。パパイヤとチップに切るパイナップを混ぜる中心部の塩辛を使う人がいり、希釈おおしい醤油だけを使う人がいる。各ドレッシングは異なるおおしい味を持つ。

ブンスープ、ブンリェウ

CANH BÚN 2

Sai Gonにある通り料理の中で、 ブンスープとブンリェウは最もおおしく有名な料理の二つと言われている。市の小さい裏通りにこの料理が簡単に食べられる。 Sai Gonにある他のブンリェウ店のように、ここのブンリェウはカニの肉、 豚の血、豆腐、ねじなどお馴染みな構成子を十分に持つ。もちろん、生野菜は不可欠である。煮汁は豚の骨、ねじを茹でる水、少し酢、マン・トンから煮込まれる。

CANH BÚN

ブンスープを食べる時、ヌォック・メとマン・トンは不可欠である。二つの調味料のおかげで、この料理は豊満とより芳しくになる。